政策理念 〜 大目標

ひらかたをふれあい、笑いのまちに

地域に根付く自治会やPTA、子供会、老人会、消防団などの地域活動や、 各種団体のイベント・お祭りを通して、世代を超えて人が集まることによって、枚方はますます活気づいていく。一人でも多くの人が、家の中ではなく、外に出て活動できる、そんな魅力あるまちに。また、七夕伝説のあるひらかたを出会いのまちにするために、ひらコン実行委員会の立場からも推進していく。

ひらかたを無駄使いのないまちに

僕自身が行政機関に勤務をした経験から、予算の使い方や、二重行政の問題に、果敢に挑んでいく。また、行政機関ではしばしば慣例や前例が重視される傾向にあり、それが効率性や費用対効果といった視点を薄れさせる。行政の当たり前が、市民の当たり前ではないことを、力強く訴えていく。

ひらかたが40万都市に見合う発信力を備えるために

どんなに良いことをやっていても、どんなに良いことを言っていても、それが地元の皆様に伝わらなければ、ほとんど意味がない。まず、地元の皆様に枚方で行われていることを十分に知っていただくとともに、今後の厳しい自治体間競争を勝ち抜くために、大好きなまちひらかたを市内外にもっと発信していく。

ひらかたを関西有数の経済圏に

枚方には関西でも珍しく7つもの企業団地や、たくさんの商店街がある。また、枚方にある各種経済団体や奉仕団体の規模からしても、本来であればさらなる経済的な賑わいがあってしかるべきである。トップセールスでの企業誘致や、大阪と京都の真ん中にある立地条件を活かした施策展開、経済都市としての広告戦略を持ち、さらなる発信を行うことで、ひらかたを関西有数の経済圏へ。活動している社団法人枚方青年会議所の立場からも訴えていく。

「政策理念 個別政策」ページへ
ページの先頭へ
大橋ともひろオフィシャルブログ ちっちゃいけど大橋!
挨拶運動 実施中
サポーター募集中
個人献金のお願い